記事詳細

大阪府にある梅田は風俗業界の中でも有名なエリアで、十三や新世界等も有名なエリアになります。梅田駅周辺には歓楽街が広がっており梅田唯一の風俗街がそこにはあります。店舗の数で言うと恐らく2~30店舗ほどで無店舗型風俗店を合わせると200以上はあるのではないでしょうか。その数の分だけ風俗求人情報があると考えると求人情報サイトを運営している企業もなかなか管理が大変そうですね(笑)さてさて、今回記事のタイトルにもなっている「梅田の風俗店は求人情報が類似している」ということですが、何が言いたいかというと梅田の風俗店が掲載する求人情報が何処の店舗を見ても同じことが書いてある、ということなんです。もちろん給与や待遇などの金額は異なりますが、概要はほとんど同じではっきりいって見ていて全く楽しくありません。働かない男性が見ててどうすんや!と聞こえてきそうですが、働かない第三者から見ても魅力的な風俗求人情報であれば多くの応募を獲得できそうですが、どれを見ても同じだった場合は給与が高い所の一人勝ちになりますよね。それって見ている側からするとめちゃくちゃつまんなくて何店舗も求人情報を見る気が起きないんですよね。独創性があって個々の店舗で待遇が違うからこそ見応えがあるのに、どれも同じであれば変な話ですが見る必要が無いんですよね。求人情報サイトですので読ませるコンテンツになります。それが読まれないなんて何の意味も無いじゃないですか。掲載するのは自由ですが求人情報まで周りと同じになってしまえば集客出来るものも出来なくなってしまうので掲載する求人情報に関しては店舗の努力が必要なんです、特に先述した梅田のように類似しているものが多いのは現状として良くありません。しかし、これは逆手に取ればチャンスで皆が同じであれば違うことをすれば目立つことが出来るということなんです。恐らくですが現在の梅田の風俗求人情報を見ている女の子は給与の高いところを重点的に探しているはずです。もちろん風俗業界なので給与を多く出せる店舗が優位になるのは当たり前でしたが、それでも給与が低い店舗でもある程度求人の応募は来ていたと思います。それはなぜかと言うと給与以外で待遇が良かったからです。給与よりも重要視する部分を十分に公開できていた結果集客もできていたんですが、現在の梅田の風俗求人のような全て同じような掲載ではますます給与額を多く出せる店舗が一人勝ちするシステムになってしまうので、それらに勝てない店舗は待遇面をもっと改善して売り出していけば何か変わるかもしれません。