記事詳細

関東圏埼玉県川越市はかつて小江戸と呼ばれた風情ある街で現在でも蔵造りの町並みを見ることができ、江戸時代に栄えた川越の街を堪能できます。かつて江戸時代に川越街道と呼ばれる江戸に繋がる街道があり、現在の日本橋付近までその道が繋がっていました。その縁でもある川越は江戸の文化も染み込み建造物にもその色が濃く出てきたのではないかと思います。現在でも川越という地名が有名なのもその恩恵が大きかったのではないかと思われます。現在の川越の街は再開発が進み、街として発展しています。川越駅や本川越駅周辺では商店街や駅周辺ならではの店舗が連なる街になっており、美容院が異常に多いことでも有名です。美容院だけでも20店舗以上はあるかと思われます。何故これだけ美容院が多いのかは不明ですが、全国的に見ても川越の美容院の密度や店舗数は屈指ではないでしょうか。様々な特色のある川越ですが、実は風俗業界でもかなりホットなエリアになっているのです。店舗型風俗店はそこまで多くはありませんが、無店舗型風俗店の所謂デリバリーヘルス(デリヘル)店が非常に多いのです。無店舗型ですので店舗を構える必要はなく、事務所となる場所や女性の待機所を確保して、届出書を管轄の警察署へ提出出来れば簡単に運営できてしまうのです。再開発が進む川越の街ですので景観を害す店舗型の風俗店の肩身はどんどん狭くなっています。ですので無店舗型のデリヘルの方が川越の街では都合が良く、外観を害さずに風俗の利用を目的としたユーザーからしか見られることのないウェブ上での集客が基本なので、街からデリヘル店の運営が規制される事はないのです。しかし、ここで少しもったいないなと思う点がありまして、川越駅から徒歩圏で迎えるラブホテルはたった4件しかないのです。もう少しラブホテルが多ければさらに川越のデリヘル業界は激化していたと予想されますし、活気も出てきたのではないかと思います。もちろん現在でも川越のデリヘル店は非常に活気のある運営をしており、各店舗での競争も激しいことが見受けられます。それ以外では国道254号線沿いでは10件以上のラブホテルが点在しておりますので、もしかしたら川越でデリヘルを利用する際はこのエリアを主要として利用しているのかもしれませんね。しかし、川越のデリヘルは豊富なジャンルのお店が多く、飽きのこない印象を与えてくれます。既にデリヘル業界では一般化されている人妻系やコスプレ系はもちろんですが、もっとコアなジャンルのデリヘル店もございますので川越に訪れた際は一度どんなデリヘル店があるのかチェックしてみてください。