記事詳細

千葉県市川市は江戸川を挟んですぐ隣が東京都江戸川区で都内までのアクセスは近く、非常に利便性の高いエリアではないでしょうか。また県内では松戸市、船橋市とも隣接していることから都内や千葉県の主要都市から近いことから人口も多く、その数は県内4位に位置づけており住宅街や商業施設が建ち並ぶ住みやすい街になっているのです。都内のベッドタウンとしても有名で訪れる方も多く、地元民だけではなく多くの方が行き交う街となっています。人が行き交う人数が多ければ当然風俗店の運営も活発になってきます。市川駅や本八幡駅を中心に店舗型風俗店の運営は活発で本八幡駅周辺ではちょっとした繁華街になっています。イメージとしては市川駅よりも本八幡駅周辺の方が風俗関係のお店が多く無料紹介所等もいくつか見受けられます。しかし、地名では市川の方が有名で本八幡は地元の方以外ではそれほど知られていないのではないかと思います。当然といえば当然で、八幡は地名ではありますが市川市の地名になりますので地元民や県民以外はあまり知られていません。市川市や本八幡を含めても店舗型風俗店は十数店舗程でそれほど多くはないと言えます。店舗型風俗店が少ない理由としては街の規則や規制があるのかはわかりませんが、何かが店舗運営できないストッパーになっているのかもしれません。また市川市では無店舗型風俗店の方が多い印象です。無店舗型風俗店はデリバリーヘルス(デリヘル)となり、店舗を構えなくても届出書さえ管轄区域に指定されている警察署へ提出をすれば運営は出来ます。事務所や待機所があれば運営出来てしまうのでデリヘル以外の風俗店を開業するよりもかなり楽に運営する事が出来ます。こういった新規オープンしやすいのがデリヘルの利点ですが、2000年初頭ではその便利さから爆発的に都内から地方へデリヘルが広まり現在ではデリヘルが無いエリアは余程の田舎町以外ないのではないでしょうか。変な話ですがプレイする場所(屋内)さえあれば何処でもサービス提供出来てしまうので、場所も選ばず何処でも運営できてしまいます。強いて言うなればキャストとなる女の子もいないと運営はできませんが、開業するだけであれば何処でも可能なのです。その便利さから市川でもデリヘルが流行るようになり、店舗型風俗店に反してデリヘル店は店舗数を伸ばしていったのです。人口が多い街では住宅街や小中学校等の公共施設が建ち並んでしまうので店舗型風俗店はなかなか運営できませんが、公に出ず影を潜めながら運営が出来るデリヘルは千葉県の市川市でも活気のある運営ができるのではないでしょうか。