記事詳細

九州の福岡県北九州市小倉北・南区は総称して小倉と呼ばれており、小倉地区は観光の名所がいくつもある観光都市としても有名です。小倉地区が観光の名所になった理由の一つとしては小倉駅に新幹線が乗入れており、博多や熊本へアクセスでき、本州方面へ向かう際は山口県下関を抜けて北上する事もできますので小倉から全国各地へ、全国各地から小倉へ向かうことが出来ます。小倉が北九州市の中で最も有名なのは小倉駅周辺に広がる城下町と市場の影響が大きいことが伺えます。小倉城は駅から徒歩10分圏内に位置し、その周辺の街は栄えていることから訪れる観光客も多く、歴史好きな方が訪れることもあるそうです。細川忠興公といえば歴史好きな方からしたら外せない人物ではないでしょうか。小倉城のを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。戦国時代から江戸時代を駆け抜けた細川氏と縁のある小倉は現在でも有名といえることでしょう。小倉は海や山があり海の幸や山の幸にも恵まれており、食物が非常に新鮮で美味だと言われております。観光名所でもあり、特産物の多い小倉はまさに住みたくなるような街となっており、現在では人口100万人を越す百万都市と言われています。人口が多い、という事は街には色々な商業施設やアミューズメントもあり、公営ギャンブル施設が全て揃っている小倉では時折、治安の悪さも耳にしてしまいます。何故か公営ギャンブル施設の周辺は「治安が悪い」「怖い人が街を歩いている」等の声が聞こえてしまい、確かにそう言った類の方を見かけたり、街として何処か歪な雰囲気を感じる部分もありますので必然的に何かが引き寄せてしまっていると感じます。また公営ギャンブル施設の近くには決まって風俗街があったりラブホテルが多いので、ギャンブル後に風俗店やデリヘルを利用する方も多いのではないでしょうか。昔から言われていることですが、ギャンブルにお酒と風俗は付き物で、男性がこよなく愛する娯楽として代表的なものになります。世代が変わってきている中で若い方がこの考えを持っている方は少ないかもしれませんが、現代の50~60代の方はまさにこの世代ですので至極当たり前なように語る方も多いようです。しかし、風営法改定が施行されていこう風俗店のあり方が大きく変化してからというものの、店舗型の風俗店の姿は減ってしまい現代ではデリバリーヘルス(デリヘル)が主要な業種になってきています。デリヘルは無店舗型風俗店ですので小倉のような歴史的建造物のある観光名所の景観を損なうこと無く運営出来るので、デリヘルに対しては行政の寛容な態度を取っています。デリヘルの利点としては観光地であっても運営ができる所で、プレイルームとして利用できる施設があれば成立してしまうので、デリヘルを運営する方も利用する方も気軽に展開出来るのです。デリヘルは観光地であっても運営を問題なく出来ることから共存は問題無く出来ているといえるでしょう。