記事詳細

こんな状況に立たされる経営者も多いはずです。採用基準は一般的なデリヘル店よりも数段高いとは思いますが、高級デリヘルで働ける女の子はそう簡単に手放せなくなります。辞めないように待遇を良くしたり、逆に辞めにくい状況を作っていかなくてはいけません。これは店舗スタッフの努力になってきますが、全ての高級デリヘル店にいえることは採用した女の子に100%依存します。高級デリヘルは不思議な感覚ですが、少し年齢層が高いイメージがあります。人妻店のように30代や40代の年齢層ではなく、20代半ばや後半の女性が多いイメージがあります。この20代半ばの年齢が個人的に一番大人な魅力を感じられる年齢と思うんです。そのわずか数年しかない20代後半の雰囲気が高級デリヘル店に相応しい感じがするのです。中には20代半ばになっても何も感じない、また30代前半で大人の色気が出てくる女性が居ますが持論から言えば20代半ばが最も旬な年齢なのではないかと感じます。高級デリヘル店に勤められる方は限られていると先に述べましたが、一般的なデリヘル店に比べたらかなりターゲットは狭まります。今まで様々な高級デリヘル店を見ましたが、ぽっちゃり系や熟女系は見たことがありません。ぽっちゃり系などの体系を指すコンセプトではまず高級デリヘル運営しません。理由は簡単です。ぽっちゃりしている女性に高貴な雰囲気を感じますか?現在存在しているぽっちゃり系の風俗店の価格はリーズナブルで相場は安い方かと思われます。私がぽっちゃり系の風俗は安いと思っている位なので、風俗を良く利用されるユーザーはその概念で同じことを思っていることでしょう。想像してみてください。「高級ぽっちゃりデリヘル」ってどこか抜けた感じがしませんか。高級-ぽっちゃり=一般的なデリヘル店に近いイメージ、になりませんか。むしろ語呂も悪ければインスピレーションも悪い。結局どっちなの?ってなるわけです。ぽっちゃり自体が高価なイメージがない分、マイナス要素でしかないのです。高級デリヘルはスタイル抜群の女性を想像しますので間逆なコンセプトになります。ぽっちゃり系を悪く言うつもりはないのですが、高級デリヘルとぽっちゃり系デリヘルは間逆なイメージがあり相対的な立場にあるなと、今回しみじみ実感しました。高級デリヘル店を経営される方も一般的なデリヘルを運営している方も、コンセプトによって高級路線で行くのか、一般的な価格または低価格なお店で行くのか判断します。

  • Date:10/17/2018
  • Category:高級
  • Tag: