記事詳細

全国的に大きな広がりを見せるデリバリーヘルス(デリヘル)ですが、最近では何処に行ってもこの業種はあるってことに気が付きました。デリヘルは風俗業界の中でも最も運営しやすい業態で無店舗型の風俗店ですので事務所となる部屋を1つ借りられれば運営は出来てしまうんです。その便利さからかデリヘルの地方進出は爆発的に広がっていき、現在ではどこのエリアに行っても利用できるまでになっています。主に首都圏や都市部から始まったデリバリーヘルスですが、一般的なデリヘル店は女の子を派遣して性的なサービスを提供するだけのものですが、デリヘルが普及し始めてから様々なコンセプトを持って運営していくデリヘル風俗店が増えてきました。代表的なものと言えば、人妻系、コスプレ系、痴女系、ぽっちゃり系等でしょうか。利用するユーザーのフェチに応えるかのようにニッチなジャンルではあるものの確固たるユーザーを獲得できているのでこれらのジャンルは最早デリヘルや風俗店では王道なジャンルではないでしょうか。さて、熊本のデリヘル店ですが店舗数はそこそこに多いものの固有のジャンルをもっているデリヘル店がそれ程多くないのです。多くの熊本のデリヘル店は一般的な、オーソドックスなデリバリーヘルス店で私の個人的な印象ですが女の子のルックスで勝負してるのかな、と思わされました。事実、熊本県から排出されている芸能人は数多く、美人が多い街の代表格にもなっています。熊本のデリヘル風俗店に在籍する女の子は皆可愛く、都内のそこそこいい値段のするデリヘル店とそんなに変わりはない気もします。しかし、熊本のデリヘルのほうが利用料金は安いのでトータル的に見て熊本のデリヘルのほうがレベルは高いのではないかと思います。コンセプトを設けない理由はわかりませんが、女の子のルックスに相当自信を持って運営しているということなのでしょうか。確かにコンセプトで「可愛い系」なんて物があったら「じゃあ、普通のデリヘルは可愛い子はいないのか?」となってしまうので敢えて「可愛い系」「キレイ系」等は付けずに一般的なデリヘル風俗店として運営しているのか…、私がいくら考えた所で無意味なのはわかってますが興味深いですね。