記事詳細

東京都豊島区南大塚にJR山手線 大塚駅があります。池袋の隣の駅ということで大塚駅周辺も多少風俗店があるようですが、大塚駅ではデリヘルやファッションヘルス店が有るのではなく、ピンサロが多いことが特徴です。というのも大塚駅から徒歩で5分圏内に十数店舗が運営しており、駅からほど近い為に大塚はピンサロ、というイメージが着いてしまっているのではないでしょうか。大塚のピンサロの特徴ですが、どのお店も女子学生風の制服を着てサービスを展開してくれるところが多く、中には人妻をコンセプトとしてサービス提供してくれるお店も有るので、各男性の性癖に応えてくれるピンサロ店が点在しています。また、基本的に利用料金が他の風俗店に比べて低いのがピンサロの良いところであり、気軽に抜くことが出来るので多くの男性客に人気があります。しかし、利用料金が安いということは余程の客数をこなさなければしっかりとした売上を出せず、暇になってしまえば全然売上が立たない、その日の売上を挽回出来ないのでなかなか難しい商売とも言えます。ピンサロは基本的にフェラや手コキで抜いてくれるサービスで確か1回抜いたら終わりというルールがあったかもしれません。中には時間内であれば無制限に射精しても良いピンサロ店もあるようですが、基本的に30分から60分のサービス時間しかないピンサロでそう何回も射精出来る男性はそんなに多くはないと思います。むしろ、ピンサロで此処ぞとばかりに射精する男性がいたらお会いしたい気持ちになります。心境というかどんな気持ちでピンサロを利用しているのか気になってしまいます(笑)大塚のピンサロでは1回抜いたら終わりだったきがしますので、そんな何回も抜きに来る男性に出くわすことはないかもしれませんが…。個人的に気なったのが実際にピンサロで働いている女性はどうなんでしょうか。ピンサロで働くと言っても一人最低でも2~3時間は働いていないとお店が回らないと思うのですが、その勤務時間内に何人もフェラしなきゃいけないのは体力的にも精神的にもキツイと感じることはないんでしょうか。特に大塚のピンサロは都内でも人気なので他のエリアよりも多くの男性客が押し寄せるかと思いますが、女性のケアってしっかり出来てるんですかね。勤務時間が長ければ長いほどチンコを咥える時間が長いと思うとゲンナリしますね。