記事詳細

昔から男性で言われていることがありまして、「飲む」「打つ」「買う」は非常に有名です。世の男性が道楽の限りを尽くしたいという欲求がこの言葉に込められています。男の三大道楽として有名ですが、ギャンブル好きな人はこの三大道楽をこよなく愛しており、ギャンブルで勝てば飲んで遊んで、女を買うという流れがあります。錦糸町では競馬馬券を自動販売しているウインズ錦糸町があり、毎週末にはこの馬券販売場は男性客で溢れます。競馬は掛け金をコントロール出来てしまうので、配当金の多い倍率に多額の掛け金を投じるお客も多く、毎レース毎に歓喜と落胆の声が響きます。さて、競馬場の近くや馬券販売場の近くの街にナは必ずと言っていい程、風俗店がございます。なぜ風俗店が近くにあるかというと三大道楽の一つである「買う」が当てはまります。競馬で勝ったお金でデリヘルなどの風俗店を利用して道楽の限りを尽くし、楽しむという遊び方がありますので競馬のようなギャンブルには風俗店は欠かせないのです。錦糸町はその三大道楽を一つの街で叶えることが出来る街なので、多くのお客が集まるとともにデリヘルなどの風俗店を利用する方も多いのです。もちろん競馬で負けてしまえばお金が減りますのでなかなか「買う」行為が出来ませんが、勝てば話は別です。週末の錦糸町のデリヘルの利用客の半数近くはギャンブルで遊んだ後のお客が多いのではないでしょうか。錦糸町にデリヘルを運営するオーナーももちろん競馬で遊んだ後のお客さんを目当てにエリアを狙っていることでしょう。馬券販売所も恐らく歓楽街の近くに立てられるように考えているでしょうが、この風俗店とギャンブに関してhじゃ切っても切り離せない関係性かもしれません。お金を合法的に増やすことの出来るパチンコや競馬等のギャンブルは勝てば即時現金が手に入ります。現金が手に入ったと同時にギャンブルに勝った精神的快感に理性が一時的に麻痺してしまって普段では考えて行動する事も安易に行動しがちになり、流されやすくなります。そうなれば風俗店の思うツボです。勝利の快感に浸っているお客ほど勧誘しやすいものはありません。錦糸町でも同じことだと考えられます。ウインズ錦糸町で勝ったお客さんに目掛けて勧誘すればいいのですから。ただデリヘル店は難しいかもしれません。店舗がないのでホームページのみの掲載になるのでなかなか勧誘はできません。店舗型の風俗店であれば集客しやすいんですけどね。