記事詳細

会社の飲み会の後、酔った勢いで利用したことのある錦糸町のデリヘルをもう一度利用してみようと思い、今回2度目の利用を試みました。一回目の利用は会社の同僚がデリヘル好きで錦糸町の女の子は他のエリアよりも粒揃いで利用しても損はない、という事でしたので疑い半分で利用しました。その時酔っていたので記憶が飛び飛びでしたが、気持ちよかったし女の子の対応が非常に良かったのは覚えています。ただ残念なことに女の子の名前は覚えておらず、顔も何となくしか思い出せず、利用するならもう一度その子がいいなと思っていたんですがなかなか思い出せません。仕方がないので、お店に電話して履歴が残ってないか聞いてみてもフリーだったので誰が対応したのかわからない、とのことでした。そんなことあるか!と思いましたが、そう言われては仕方がないので女の子の写真を見て多分この子だろと思う女の子を指名してみました。その指名が功を奏しました。まさに一回目にお世話になった女の子で間違いなかったのです。時間になってラブホテルで待っているとドアをノックする音が聞こえました。覗いてみると何か見たことあるなー、と思う女の子がドアの向こうに立っておりドアを開けて顔を見合わせると「あっ」って顔をしたので確信しました。しかし、1回目の利用から既に2ヶ月ほど時間が立っているのに覚えているのも変だなと思い、自分がよほど変なことをしたのかと思ってしまい、恐る恐る聞いてみると「この間はありがとうございました!」と言うので余計に怖くなりました。錦糸町のデリヘルはレベルが高いとは聞いていたものの、少し怖い話も聞くので半信半疑な部分はありました。そんな錦糸町のデリヘルに勤めている女の子に「ありがとうございました!」って言われるってことは何か渡したのか、何なのか不安で「なにが?」と聞くと1回目の利用の時に私は酔った勢いで告白をしていたそうなんです。私は覚えていません。冷や汗をかきました。でも何故に、ありがとう?と思って聞いてみると、どうやら告白をあんなにされたことはなく、ずっと心に残っていたそうなんです。しばらくすると私のことを考えるようになっちゃって好きというより気になっちゃってようです。嬉しいような、怖いような…複雑な気持ちになってしまいましたが、とりあえず月に1回は通う約束をして話を落ち着かせてプレイしましたが、終始そのことが頭から離れずスッキリできませんでした(笑)