記事詳細

兵庫県神戸市の福原は言わずと知れた大きなソープ街があり、連日連夜に男性客の姿を多く見かけます。この福原に行くには神戸高速鉄道新開地駅か神戸電鉄新開地駅が最寄りになり、駅改札から出てメトロこうべ新開地タウンを目指します。このメトロタウンはお土産や特産品を販売するお店が多く、その他には居酒屋等の飲食店が建ち並んでいます。地下街ですが様々な飲食店やお店がありますので、視覚的にも楽しめますしお昼時や夕ご飯などでこのメトロタウンで済ませても良いかもしれません。この地下街を抜けると、新開地商店街へ抜けます。新開地商店街はおよそ400mほどのアーケードとなっており、様々なお店が軒並みを揃えて営業しています。かつてこの新開地が出来る前は川があったそうで、その川は昔雨が降る毎に氾濫してしまい近隣住民はこの氾濫により大きな被害を受けていました。その川の氾濫を抑えるために川を埋め立てて街を構築したのが新開地となります。かつてこの新開地は神戸一栄えている歓楽街として有名でしたが、戦後に入ってからというものの少しずつ衰退していき、当時に比べると閑散とした街になってしまいましたが、現在ではその衰退した面影はなく、古き良き時代の商店街として見られるので何も問題は無いように感じます。しかし、この新開地商店街のアーケードを一本道に外れると、今まで見ていた風景が一変します。建物は古く戦後間も無く出来たであろう建物が多く、運営していない建物も多く寂れた雰囲気を醸し出している町名になっています。昔流行ったであろうレコードショップや薬局、定食屋など昭和初期を彷彿とさせる建物や看板があり、その街の一角では時の流れが止まってしまっているように感じます。現在で真新しいアーケード街は「ええとこ」と呼ばれており、建物もわりと新しく昭和なレトロな雰囲気も残しつつ上手く共存できているような町並みです。さて、この新開地の商店街を抜けた所に湊川公園があり更にそこを抜けて国道28号線に向かうと福原桜筋が見えてきます。そこが有名なソープ街となっており、桜筋から柳筋に歩いていくと分かるようにソープ等の風俗店のお店が約100店舗近く建ち並んでおり、そのソープ街の規模感に初めて訪れた方は驚くことでしょう。福原のソープ街は非常に広くソープとひとくちで言っても豊富なジャンルがありますので、好みのお店を見つけてソープを利用してみてはいかがでしょうか。