記事詳細

私は男性なので女性の事をとやかく言える立場ではないのですが、男性目線からで話せるとすると錦糸町のデリヘルではギャンブル後に利用するお客さんが多いので接客態度には十分に注意する必要があるのかなと思います。ではそれは何故なのか説明します。錦糸町の風俗街の近くには馬券販売所があり、その周辺の居酒屋では昼過ぎに行われるレースを予想を立てながら飲んでいるお客が多く、少しピリ付いた雰囲気があります。中には楽しく競馬を予想している方もいれば、生活がかかっているばりに予想をしている方も居ますので、それぞれに競馬に対する思い入れが違うので接する側は気を使う事が大事です。競馬が終われば、そのレースの反省会や祝杯を揚げたりと勝った者と負けた者で雰囲気はガラッと違います。多くの方はギャンブルに勝ったら飲んだり、遊んだりしますが負けた方はそのまま帰るか憂さ晴らしにデリヘルなどの風俗店を利用したりします。競馬で勝ったお客さんを接客する分には何も問題はなく気分が良くなっているので多少の失礼は大目に見てくれると思いますが、ギャンブルに負けたお客さんを接客するのは普段よりも気を遣って接客する必要があります。既に負けて気が立っているのでそれを逆撫でしないようにする事と、まずは失礼がないようにして接客する必要があります。こう考えると非常に面倒くさいです。接客するのは常に気を使い、粗相がないようにしてサービスを提供しようとしますが、ギャンブルで勝った負けたのせいでどうしてデリヘルで働く女性が気を更に使わなければいけないのか、なかなか腑に落ちない部分ではありますが、風俗店も接客サービス業の一つなので仕方がないと言えばそこまでです。気が立っている方は小さなほころびにも気づいてしまう、気になってしまうので出来れば空いてにしたくないお客さんであることに間違いはないです。ですがギャンブルで勝ってお金に余裕のある方がデリヘル等の風俗店を利用するので、負けた方が風俗を利用するのはあんまり考えられませんが、もしもという事があるので錦糸町のデリヘルで働く女性はお客さんの顔色を一旦伺ってから接客することをおすすめします。人間ってわかりやすいものでギャンブルで勝った人は少なからず少し嬉しそうな雰囲気があります。負けた方はどこか重い雰囲気なような気がしますが…、そこは上手く汲み取ってその人に合った接客を心がけましょう。