記事詳細

福島県の中部に位置する郡山市は福島県内でも1~2を争う程の人口の多さで、福島市よりも人口が多かった事もあるそうです。郡山の人口が多い要因として新幹線がとおる郡山駅の存在も大きいのではないかと思います。ですが新幹線の停車駅がある以外での郡山のイメージとしてはそれほど観光地としてはメジャーではなく、自然豊かなエリアという印象が強いです。
郡山駅周辺ではそれなりに街として発展時はしていますが、駅からの外れた場所になると片田舎なエリアが広がっており、街というよりも住宅街が多く広がっているという感じではないでしょうか。では郡山駅周辺の街は詳しく見ていくとどういった街になっているのでしょうか。福島県でも有数の都市として名高い郡山市ですので、駅周辺も非常に栄えているのかな、と思う方もいるかもしれませんが、実際はひどく寂れた街に成り下がっているのです。かつては栄えていたんだろうなと感じさせる部分は相見えますが、現在ではその面影は無く街としてどんどん衰退しているように感じます。郡山駅自体は東北本線や水郡線や磐越西線などの在来線が乗入れていますので、駅前では行き交う人は多いのですが郡山駅の街は駅前の人に比べるとかなり見劣りしてしまいます。かつては歓楽街という印象よりも大きな商店街があったので一般客が買い物で訪れるほど栄えていたと思いますが、現在その商店街は非常に寂れた雰囲気になってしまい、商店街のアーケードも風俗店や風俗の無料案内所になってしまっており、歓楽街化が進んでいる印象を受けます。また、街としてもほとんど機能していないように思え、建物は古く汚いものが多く、その雰囲気の悪さはより一層際立たせてしまっています。郡山駅から少し歩いた所では入るのもためらってしまいそうなパブや風俗店、金融会社や如何わしいく何をしているかわからないビルが多く、柄が悪いと直感的に思ってしまうことでしょう。それほど街としては衰退しており、空きテナントが非常に多く目立ちます。またそれほどの街になってしまったら風俗店も多そう、と思いますが風俗店の数もそれ程多くなく、本当に街として死んでいるような印象です。この街では風俗店ですらも運営を続けていけるかどうか怪しい街で風俗店ですら行きていくことが難しい、非常に寂しい街なのです。風俗店の立ち位置としてはとりあえず、存在しているようなもので現在でも現存している店舗がいつまで運営できるかわからないような状況なので非常に厳しい場所であることがわかります。