記事詳細

つい最近4年付き合った彼女と終止符を打ち、30代目前となった独り身の男です。あと数カ月で30歳になる私ですが、この年令で独り身なのはさすがに心が痛みました。私は付き合っていた彼女と結婚するんだろうなーって思っていたので突然の別れ話には本当に精魂尽きるかと思いました。もちろんあっさり引き下がるような事はせず、何度か交渉をしましたがそれでもダメ。もはや何も手段は残されていない状態で、泣く泣く私はその決断を受け入れる他無かったのです。自暴自棄になりかけて風俗狂いになってやろうかなとも思いましたが、それでも虚しい気持ちは解消される事無く、むしろもっと虚しくなる気がしたので何とか踏みとどまりました。ですが、どうしてもこの話を誰かに聞いてほしかったのですが、なかなか話せる相手はおらずうなだれていましたが、池袋にリフレという風俗店ではない、女の子と話をしたりリラックス出来る空間を提供してくれる何とも曖昧な業種を見つけて、ここでなら何でも話せるかなと思いました。リフレ派基本的に若い女の子が多く、特に20代前半が多いので年下の意見も聞いてみたいと思いました。さっそく池袋のリフレを利用しようと思い、予約を入れて、池袋に向かいました。女の子の指名も有りましたが、私は今回の利用は正直知らない女の子であれば誰でも良かったので1時間のフリー指名で利用しました。部屋に案内されると女の子は部屋で待ってて、挨拶代わりに軽くハグをしてもらいました。何か泣きそうになりました。女の子は泣きそうになった私の顔を見て驚いていましたが、理由を話してみるとものすごく共感してくれて食い入るように私の話を聞いてくれました。私は多分少し涙ぐみながら女の子に話をしていたと思いますが、女の子は真剣に話を聞いてくれて、今自分がリフレを利用していることはすっかり忘れてしまっており、べらべらと話していました。一通り話し終えたら女の子から「辛かったんだね」と手を握ってくれた時に何だか胸のつっかえが取れた家のように軽くなり、だいぶ気持ち的に楽になりました。本来リフレは相談話をしに来るところではないのですが、その女の子はいつでも話し聞くからまた来てね!と元気づけてくれて私は池袋のこのリフレ店を利用してよかったなと思いました。年下なのにしっかりとした意見をしっかり言えて謙虚な姿勢に私は本当に助かりました。池袋のリフレを次回も利用したいと思いますが、私の利用目的は他の人とは違った利用かもしれません(笑)