記事詳細

今までデリヘルで遊ぶ時は大抵フリーだったのですが、ある日、熊谷のデリヘルで遊んだ時にやって来た娘が、昔好きだった人にそっくり過ぎたので、繰り返し指名してしまっています。世の中には自分と似ている人は3人いるなんて言葉がありますが、まさにこの熊谷のデリヘルで出会った彼女は驚くほどそっくりだったのです。ただ、声がまるっきり違ったので間違いなく本人ではありませんでしたし、そもそも本人だったとしたら自分を見た段階で態度に出ると思いますし、熊谷ではない所に昔好きだった人は住んでいたのは間違い無いので、本当にそっくりさんでした。自分はもしかしたらかなり罪深いのではないかと思いながらも、その娘とあっさりプレイしてしまいましたし、様々な部分を彼女と重ね合わせていました。幸せなのか不幸なのかわからないこの状況を過ごした後、結構悩んでしまったのですが、結構な頻度でこの熊谷のデリヘル嬢を指名しています。当然向こうはこちらが昔好きだった人のことを重ね合わせて興奮していることなど知るはずもないのですが、罪悪感を覚えながら毎回興奮して発射してしまっています。すっかり、本指名を繰り返してリピーターになってしまっていて、彼女の方も自分のことをばっちりと覚えてくれるのが嬉しいような悲しいような複雑な気分になっているのですが、このままだと本当にこの女性のことが好きになってしまいそうで気持ちがあまりに苦しかったので、本指名を繰り返して半年ほど経った時に、昔好きだった人にそっくりだということをポロッと言ってしまいました。いったいどういう反応をするのか恐る恐るでしたが、結構驚いた様子でした。でもすぐにどういうことを言ったらこちらが喜ぶのかを察したようで、恋人っぽい感じのプレイをしますかと提案されたので、それに乗っかってみました。後々自分が苦しくなることが間違いないとは思っていましたし、どう考えてもこれから自分が普通の人と付き合いたいと思っていたらこの今の状態から脱し無くてはならないとは思っていたのですが、もう思いっきりハマってしまえば良いやと思ってしまいましたね。それからまた半年ほどおなじ熊谷のデリヘル嬢を指名して、だいたい熊谷の駅から近い所にあるシティホテルでプレイを楽しみ続けました。しかし、ある時に彼女からデリヘルを退店することになったと言われました。これでこの関係も終わりかと残念な気分になったのですが、それはそれで諦めが尽きましたし、今までデリヘルに使った時間やお金を別のことに使えば、また有意義な時間を過ごせるはずだと思えましたので、前を向いて過ごして行こうと思います。
熊谷 デリヘル【君とふわふわプリンセスin熊谷】